iPhoneとAndroid


格安スマホはmineo

iPhoneとAndroid 違い

「iPhone」は「Apple社」が開発したモバイル端末、「Android」は「Google」が開発したモバイル用のOSのことです。iPhoneのOSは「iOS」と呼ばれ、iPhoneのみしか利用出来ない為、ほぼ同義語に近いです。「Android」はOSで「Windows」と同じように捉えると理解しやすいです。GoogleはOSであるAndroidを無料で配布することにより、いろんな企業が機器端末を開発するだけで、スマホを利用できるようになりました。Windowsのパソコンも同じです。マイクロソフト社がWindowsというOSを配布することにより、各企業がWindowsを搭載してパソコンを販売しています。

iPhoneとAndroid 比較

iPhoneのメリット
iPhoneの一番のメリットはデザインです。ウェブページのフォントの美しさはやはり読みやすく、ブラウジングは楽しいです。メールなども読みやすい。 また端末からOSまで一貫して製作しているので、端末とOS間の連携がスムーズなのか、動作がとても軽快です。利用していて気持ちいいくらい。 そしてなんといってもデザインや使い勝手を含めシンプル。なので初心者でもわかりやすく直感的です。ホームボタン1つだけとシンプルなデザイン、操作しやすい操作性は、スマートフォンを持つことに対して不安な方には強い味方です。また利用している人も多いので、困ったときは助けてくれます。 i

Phoneのデメリット
何でもかんでもAppleに管理されている点です。アプリ数が多くいろんな機能をiPhoneにインストールすることができ、またAppleの厳しい管理によりアプリのセキュリティは安全ではありますが、それゆえに、ホーム画面のカスタマイズがあまり出来ないのがデメリットです。 少し前まではiPhone単体ではバックアップが出来なかったのですが、iCloudの登場でパソコンはほとんど必要としなくなりました。ただ、Wi-Fi環境は必要です。 ガラケーにあった機能はほとんど利用できないのと、修理はすべてApple任せな点も。

Androidのメリット
一番の魅力は自由だということ。ホーム画面に好きなウェジェットを置いて好きなデザインにカスタマイズ可能。また文字入力アプリなどを利用すれば文字入力のサポートもしてくれます。(現在ではiPhoneも対応しています) そしてGoogleサービスとの連携がスムーズです。なんだかんだ言って私たちはGoogleサービスを数多く利用しています。それらの使い勝手の良さなどの満足度を上げる為に、Googleは日々サービスを向上しています。 またSDカードを利用するだけでデータ移行が出来るというお手軽さも。なのWi-Fi環境がなくてもSDカードにさえデータを保存していれば、スマホが水没してもSDカードさえ無事ならなんとかなります。 端末によっては赤外線やおサイフケータイなどのガラケー機能を搭載しているものもあるので、そういった点も魅力の1つです。キャリアから購入していれば、不具合があった場合は比較的すぐに新品に交換してくれる点も非常に助かります。

Androidのデメリット
​iPhoneと違いAndroidはGoogleが開発したOSですが、無料配布の為、端末は各社が製作しています。その為、端末によっては端末とOSの連携がうまくいかずに、不具合がおきることもしばしば。ただ2014年に入ってからは不具合もかなり減り、安定してきています。2015年の冬に発売されたXperiaに至っては動作の軽快さと安定はかなりのものです。

iPhoneとAndroid どっちがいい

結局どっちがいい?ということなのですが、ここまできて元も子もないですが、どちらでも良いと思います。 iPhoneとAndroidが登場してから改善に改善を重ね、どちらも良くなっています。不自由はしません。ただ敢えて言うなら、シンプルにわかりやすく使いたいならiPhone。自由にカスタマイズしてこだわりたいならAndroidかなと。 私の場合はGoogleサービスをかなり利用しているので、Androidを重宝しています。やはりGoogleサービスとの連携がスムーズで使い勝手がかなり良いです。特にパソコンやスマホ間での情報の共有はとても助かっています。どちらか迷っている際の参考になれば幸いです。 今ではiPhoneとAndroid共に、月額2000円程度で利用できる格安サービスも登場しているのでおすすめです。

≫ 月額756円(税込)からの格安スマホmineo

 

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ