ふるさと納税 仕組み


簡単!4ステップでふるさと納税

 

ふるさと納税 仕組み 簡単

ふるさと納税の仕組みって理解すると簡単なんですね。ふるさと納税の一番のポイントは実質2000円の負担で豪華な返納品が頂けるということ。何より、ふるさと納税しない方が損という仕組みを知った時は驚きでした。

例えば年収400万の場合所得税と住民税で120万円を毎年と同じように収めて終わりなのですが
ふるさと納税した場合には、所得税と住民税116万9000円、寄附金額33000円=計120万2000円
一般的な還元率は30%~40%なので1万から1万5千円相当の返礼品が頂けるということになります。なのでふるさと納税したほうが節税にもなりお得!というすんぽーです。


ふるさと納税 仕組み 上限

ふるさと納税にはその人の年収によって上限額が設定されています。ふるさと納税のサイトって難しくていまいちよくわからず、そういった事を知らずに申請すると損をしてしまうことに・・・。
例えば1人の年収が400万円お場合、寄附金額の上限は33000円です。これ以上寄付すると、実質2000円以上の負担になってしまうので、お得にはなりません。注意が必要ですが、自分の寄付上限金額さえわかれば、安心して寄付できます。


ふるさと納税 仕組み 計算

またふるさと納税は寄付するタイミングと税金が控除されるタイミングをしっかり把握することが大切です。基本的にはその年の12月31日までに寄付をすれば、翌年の3月の確定申告時に税金が控除されます。もし12月31日を越えて寄付した場合、翌年の確定申告時になってしまいます。
ですので、年末にふるさと納税が駆け込みで増えます。せっかくなので、年末に美味しい豪華ものをもらって、優雅に過ごしたいですね。

≫ ふるさと納税!さとふるが簡単!

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ